アミノインデックス がんリスクスクリーニング(AICS)


Q:AICS(エーアイシーエス)とは?
血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査

Q:がんであるリスクとは、どんなことですか?
がんである確率のことで、がんか否かをはっきりと判断するものではありません。

Q:どのようながんのリスクが分かりますか?
胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・前立腺がん(男性のみ)、乳がん(女性のみ)、子宮がん・卵巣がん(女性のみ)が対象です。

Q:検査はどのように行われるのですか?
血液を少量採血するだけです。

  

◆検査の対象者
下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です

対象となるがん 対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳

◆AICSの結果に影響を与える可能性がある病気について
現在までに各種AICSの結果に影響を与える可能性が分かっている病気
・AICS(肺):慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、非結核性抗酸菌症、肺結核
       肺気腫、無気肺
・AICS(前立腺):前立腺肥大、糖尿病
・AICS(子宮・卵巣):子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣膿腫
・複数のAICS:脳梗塞

◆AICS受診前の注意点
・検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。
・検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中を含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。



永井ひたちの森病院 0294-44-8800